« 製図例の写図の学習(テンプレートの作成) | トップページ | 東日本大震災 災害情報HP /県,市町村のHP など »

2011年4月28日 (木)

福島第一原発20km圏内空気中放射性物質濃度測定結果のマップ

■20km圏内空気中放射性物質濃度測定結果(4月2日,18日)のヨウ素131濃度マップ

▼使用データ【文部科学省HP】
福島第一原子力発電所20km圏内の空間放射線量率の測定結果
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305283.htm
で公表された,
福島第一原子力発電所20km圏内の空気中放射性物質及び土壌濃度測定結果[平成23年4月25日(月曜日)19時00分時点] (PDF:473KB)を利用

・測定位置は上記資料に記載されています.
・採取日時は,図面番号A1~A11は2011年4月18日, A12は2011年4月2日になっています.

■利用した地図画像
●1/50 万地図太郎用地図画像「東日本大震災復興支援版」
・この地図は「 TCG500K 日本版」を使用して作成した。地図データ提供:東京カートグラフィック株式会社 
・ この地図の作成に当たっては、国土数値情報  人口集中地区を使用して作成した。
・この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の 2 万 5 千分の 1 地形図、数値地図 25,000(地名・公共施設)及び基盤地図情報を使用した。

上記地図画像を,利用規約に基づき利用されていただいた.
関係機関に感謝いたします.

■利用したソフト
「地図太郎PLUS」(東京カートグラフィック株式会社)

■作成図面は以下のようになりました
・資料に記載されている測定位置の住所から緯度経度を取得.
   A1~A11: http://www.geocoding.jp/
   A12:        http://map.yahoo.co.jp/ 
を利用
・20km圏内の測定結果が4月21日,4月25日に公表された.
・測定位置は概略を示す.
・20km圏内であっても測定地点により値に差が見られた.
・A1~A12は測定位置を示す.
・測定値は,緑円の大きさで示す.Bqはベクレル.最大値はA1の310 Bq/m^3
・図中の円(橙色)は半径20kmである.

Fukushima1_20km_zone110402_18

■東京大学空間情報科学研究センターが提供する「CSVアドレスマッチングサービス」
http://newspat.csis.u-tokyo.ac.jp/geocode/
住所から緯度・経度を取得できるサービス.

■東日本大震災 復興支援 「GISマニュアル」プロジェクト
いとちりポータルhttp://www.itochiri.jp/
に,地図太郎マニュアルが公開されています.親切でわかりやすいと思います.

■関連HP
▼平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に対する「地図太郎」の一部無償提供について 4/15更新:無償地図画像公開
http://www.tcgmap.jp/topics/2011/index.html#id416
▼eコミュニティ・プラットフォーム(略称 eコミ)[2011年4月28日朝日新聞朝刊[科学欄]で紹介]
eコミ マップ 2.0.0β ダウンロードなど
http://bosai-drip.jp/ecom-plat/
▼地図・地理空間情報
ALL311:東日本大震災協働情報プラットフォーム
http://all311.ecom-plat.jp/index.php?gid=10005#
▼国土地理院
・平成23年(2011年)東日本大震災に関する情報提供
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/h23_tohoku.html
・浸水範囲概況図
http://www.gsi.go.jp/kikaku/kikaku60003.html
http://www.gsi.go.jp/common/000060136.pdf


« 製図例の写図の学習(テンプレートの作成) | トップページ | 東日本大震災 災害情報HP /県,市町村のHP など »

巨大地震と環境」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30