« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月17日 (火)

Ketcindyで履歴書に貼る写真(縦40mm横30mm)をつくる

■履歴書に貼る写真(縦40mm横30mm)をつくる
●作成例
「rireki40mm30mm.pdf」

点線で切り取ると縦40mm横30mmのサイズの写真になる.
他に,「窓の範囲を示す実線」,「窓の中心を示す実線」
が描かれている.

●手順
1.証明写真のサイズに対応したフレームを作成する(フレームファイル).
・切り取り線も表示する
・フレームの枠幅は10mm.
・フレーム内の窓のサイズは「作成写真サイズ」に上下左右2mmを加えた大きさ
(縦44mm横34mm)

【フレームのイメージ】
フレームの色をgrayとして表示 「framegray4030.pdf」
実際のフレームの色はwhiteになる.
このフレームの窓に写真を適切に配置する.

2. 顔写真を撮る.
「kao.jpg」

3. フレームの窓に写真を配置する

●写真配置のコード例(「syashin40mm30mmmain.tex」 )
\documentclass{jarticle}
\usepackage{ketpic,ketlayer}
\usepackage{amsmath,amssymb}
%\usepackage[dvipdfmx]{graphicx,color}
\usepackage{graphicx,color}
\setmargin{20}{20}{20}{20}
\begin{document}
\noindent
履歴書(40mm×30mm)\\
切り取り線(点線)でカット\\
\\
%\begin{layer}{180}{210}
\begin{layer}{180}{0}
%1
\putnotec{30}{30}{\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.43]{kao.jpg}}
\putnotec{30}{30}{\input{framefile40mm30mm.tex}}

%2
\putnotec{90}{30}{\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.43]{kao.jpg}}
\putnotec{90}{30}{\input{framefile40mm30mm.tex}}

%3
\putnotec{150}{30}{\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.43]{kao.jpg}}
\putnotec{150}{30}{\input{framefile40mm30mm.tex}}

%4
\putnotec{30}{100}{\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.43]{kao.jpg}}
\putnotec{30}{100}{\input{framefile40mm30mm.tex}}

%5
\putnotec{90}{100}{\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.43]{kao.jpg}}
\putnotec{90}{100}{\input{framefile40mm30mm.tex}}

%6
\putnotec{150}{100}{\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.43]{kao.jpg}}
\putnotec{150}{100}{\input{framefile40mm30mm.tex}}

%7
\putnotec{30}{170}{\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.43]{kao.jpg}}
\putnotec{30}{170}{\input{framefile40mm30mm.tex}}

%8
\putnotec{90}{170}{\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.43]{kao.jpg}}
\putnotec{90}{170}{\input{framefile40mm30mm.tex}}

%9
\putnotec{150}{170}{\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.43]{kao.jpg}}
\putnotec{150}{170}{\input{framefile40mm30mm.tex}}

\end{layer}

\end{document}

●コードの概要
1) 「putnotecの引数」と「\includegraphicsオプション(bb,scale,height,width)」により,
写真位置を調整する.

2) bb情報の取得
コマンドプロンプトで,
>extractbb kao.jpg
により作成されるkao.xbbの内容

%%Title: kao.jpg
%%Creator: extractbb 20160307
%%BoundingBox: 0 0 254 293
%%HiResBoundingBox: 0.000000 0.000000 254.000000 293.000000
%%CreationDate: Mon Jan 16 15:10:38 2017

3) \includegraphicsのオプション,bbに赤字部分を記入
\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.43]{kao.jpg}

4) \usepackage[dvipdfmx]{graphicx,color}
で,kao.xbbファイルを自動生成する場合には,
\includegraphics[scale=0.43]{kao.jpg}とする.

5) layerの引数の概要
\begin{layer}{180}{210}
%\begin{layer}{180}{0}

\begin{layer}{180}{210}をいかすと方眼を描く
「rireki40mm30mmhougan.pdf」
\begin{layer}{180}{0}とすると方眼を描かない.

※参考資料:refketlayer20161211J.pdf
「refketlayer20161211J.pdf」

※参考資料の入手先
http://ketpic.com/

Dropbox - KetInstall
https://www.dropbox.com/sh/kzt2bgaz07n7dr0/AABZRvOrqqCp5Tn1JZYpnvSQa?dl=0
Ketcindy_dl1

ketcindy.zip
Ketcindy_dl2b

直接ダウンロード
Ketcindy_dl3b

6)写真サイズに対応した「フレームファイル(framefile40mm30mm.texなど) 」
があれば,必要なサイズの写真を作れると思います.
フレームファイルはKetcindyで作成.

7) 履歴書(40mm×30mm)用のフレームファイル(framefile40mm30mm.tex)の例
(学習用としての参考ファイル)
「framefile40mm30mm.tex」

【課題1】自分の写真を作ってみよう.
【課題2】縦30mm×横24mm写真をつくる.
Ketcindyで縦30mm×横24mm用のフレームファイル(framefile30mm24mm.tex)
を作成することになる.

[解答例]
◆フレームファイル:「framefile30mm24mm.tex」
◆\includegraphicsのオプション
\putnotec{30}{30}{\includegraphics[bb=0.00 0.00 254.00 293.00,scale=0.34]{kao.jpg}}
\putnotec{30}{30}{\input{framefile30mm24mm.tex}}
◆作成例:「syashin30mm24mmmain.pdf」
◆フレームファイルをつくるためのKetcindyコードを作成してみよう.

■フレームファイルをつくるコード例(参考)
コード例を参考に実際に実行してみよう.不適切な箇所は修正してください.

//20170119
//以下の,ch=1またはch=2をコメントアウトして実行(//を除く)
//ch=1;       //ch=1のとき縦40mm横30mmのフレームファイルをつくる
//ch=2;      //ch=2のとき縦30mm横24mmのフレームファイルをつくる

if(contains(ch,1),
  Fhead="photo40mm30mm";
  Texparent="";
  Ketinit();
  //Changework(" ");//ワークディレクトリの指定
  Addax(0);
  p1=[0,0];
  p2=[3,4];//横3cm 縦4cm
);

if(contains(ch,2),
  Fhead="photo30mm24mm";
  Texparent="";
  Ketinit();
  //Changework(" ");//ワークディレクトリの指定
  Addax(0);
  p1=[0,0];
  p2=[2.4,3];//横2.4cm 縦=3cm
);

Setcolor("white");
Shade(["sg1"]);
Shade(["sg2"]);
Setcolor("black");

//フレームの作成
kd=0.2;//写真サイズに上下左右0.2cm加える
f1=p1+[-kd,-kd];
f2=p2+[kd,kd];
Pointdata("1",[p1,p2,f1,f2],["notex"]);
Letter([p1,"w","p1"],["notex"]);
Letter([p2,"w","p2"],["notex"]);
Letter([f1,"w","f1"],["notex"]);
Letter([f2,"w","f2"],["notex"]);
SW.xy=f1+[-1,-1];
NE.xy=f2+[1,1];
Listplot("1",[NE.xy,[XMIN,YMAX],[XMIN,f1_2],f1,[f1_1,f2_2],[NE.x,f2_2],NE.xy],["notex"]);//フレーム1
Listplot("2",[SW.xy,[NE.x,SW.y],[NE.x,f2_2],f2,[f2_1,f1_2],[SW.x,f1_2],SW.xy],["notex"]);//フレーム2
Framedata2("1",[f1,f2],["notex"]);//写真を置く窓

//写真部の境界線(実線)
f3=[f1_1,f2_2];
Listplot("l1",[f3+[0,kd],f3+[0,1]],["dr"]);
Listplot("l2",[f3+[-kd,0],f3+[-1,0]],["dr"]);
Listplot("l3",[f1+[0,-kd],f1+[0,-1]],["dr"]);
Listplot("l4",[f1+[-kd,0],f1+[-1,0]],["dr"]);

cp0=(f1+f2)/2;
cp1=[cp0_1,f1_2];
cp2=[cp0_1,f2_2];
cp3=[f1_1,cp0_2];
Reflectdata("1",["sgl1","sgl2","sgl3","sgl4"],[cp1,cp2],["dr"]);

Pointdata("2",[f3,cp0,cp1,cp2,cp3],["notex"]);
Letter([f3,"w","f3"],["notex"]);
Letter([cp0,"n","cp0"],["notex"]);
Letter([cp1,"n","cp1"],["notex"]);
Letter([cp2,"n","cp2"],["notex"]);
Letter([cp3,"n","cp3"],["notex"]);

//写真の中心を示めす線(実線)
Listplot("l5",[cp2+[0,kd],cp2+[0,1]]);
Listplot("l6",[cp3+[-kd,0],cp3+[-1,0]]);
Reflectdata("2",["sgl5","sgl6"],[cp0],["dr"]);

//切り取り線(点線)
Listplot("k1",[[p1_1,p2_2+kd],[p1_1,p2_2]+[p1_1,1+kd]],["do"]);
Listplot("k2",[[p1_1-kd,p2_2],[p1_1,p2_2]+[-1-kd,p1_2]],["do"]);
Listplot("k3",[p1-[p1_1,kd],p1+[p1_1,-1-kd]],["do"]);
Listplot("k4",[p1-[kd,0],p1+[-1-kd,0]],["do"]);
Reflectdata("3",["sgk1","sgk2","sgk3","sgk4"],[cp1,cp2],["do"]);

Windispg();

「photoframe20170120.txt」

■Ketcindyでbb値を取得【BBdata()をつかう】
BBdata("kao.jpg");

【注意】
1 画像ファイルがワークディレクトリにない場合にはフルパスで指定する
"J:\photo\kao.jpg"

2  「複数の画像の場合」,「描画コードと一緒にBBdata()を使う」などの場合,
bb値が取得できないことがあるようです.
この場合,wait()をはさむと取得できるようです・・・(ためしてみよう)

例1 複数の画像の場合
BBdata("photo1.jpg");
wait(1000);//1秒Pause wait(milliseconds)
BBdata("photo2.jpg");
wait(1000);
BBdata("photo3.jpg");

例2 描画コードと一緒にBBdata()を使う場合
Fhead="samplebb";
Texparent="";
Ketinit();

ここに描画コードがあるとする

Windispg();//描画終了
wait(2000);
BBdata("myphoto.jpg");
wait(1000);
BBdata("mypet.pdf");


« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31