« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

行番号のついたコードから行番号を取り除く

■行番号のついたコードから行番号を取り除く
●行番号のついたファイルの例(in.dat)
1 #include <stdio.h>
2 #include <stdlib.h>
3 #include <math.h>
4 #include <time.h>
5
6 int main(int argc, char **argv)
7 {
8 int i, xi[16];
9
10 srand(time(NULL));
11 for (i = 0; i < 16; i++) {
12 xi[i] = rand() % 10;
13 printf("xi[%2d] = %d\n", i, xi[i]);
14 }
15 return 0;
16 }

●行番号を除いたコード(画面に表示)

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <math.h>
#include <time.h>

int main(int argc, char **argv)
{
int i, xi[16];

srand(time(NULL));
for (i = 0; i < 16; i++) {
xi[i] = rand() % 10;
printf("xi[%2d] = %d\n", i, xi[i]);
}
return 0;
}

●行番号を取り除くpascalコード例【参考】
(Free Pascal,GNU Pascal,Delphiのコンソールアプリケーション)

program DeleteLineNumber;
var
    fin:text;
    str,in1:string;
    c:char;
    ps,n:integer;
begin
    if paramstr(1)<>'' then
    begin
        in1:=paramstr(1);
    end
    else
    begin
        write('input file : ');
        readln(in1);
    end;

    assign(fin,in1);
    reset(fin);
    str:='';

    while not eof(fin) do
    begin
        while not eoln(fin) do
        begin
            read(fin,c);
            str:=str+c;
        end;
        readln(fin); //改行記号を読みとばす

        ps:=pos(' ',str);
        n:=length(str);
        if ps=0 then
        begin
            writeln;
        end
        else
        begin
            str:=copy(str,ps+1,n);
            writeln(str);
        end;

        str:='';
    end;
    close(fin);
    readln;
end.

●プログラミングの学習で,行番号がついたサンプルコードを
活用することがある.行が多い場合の番号削除に役立てたい.

●使い方【⏎はエンターキー】
1. 実行ファイル(DeleteLineNumber.exe)に処理ファイル(in.dat)をドラッグ・アンド・ドロップ

2. コマンドラインから,処理ファイル名( in.dat)を付けて実行
>DeleteLineNumber.exe in.dat
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <math.h>
#include <time.h>

int main(int argc, char **argv)
{
int i, xi[16];

srand(time(NULL));
for (i = 0; i < 16; i++) {
xi[i] = rand() % 10;
printf("xi[%2d] = %d\n", i, xi[i]);
}
return 0;
}
⏎で実行を終了してプロンプトにもどる
>

3. コマンドラインから,実行ファイルを処理ファイル名なしで実行
ファイル名を問い合わせるので処理ファイル(in.dat)を入力する
>DeleteLineNumber.exe ⏎
input file : in.dat

4. 実行ファイル(DeleteLineNumber.exe)のアイコンをダブルクリック
ファイル名を問い合わせるので処理ファイル(in.dat)を入力する
input file : in.dat

※実行結果は画面に出力

●embarcadero.comで無料版(C++ Compiler,C++Builder Starter,Delphi Starter)
を入手.十数年ぶりにDelphiをインストールした.embarcadero.comに感謝!
Rad_studio_delphi_cpp2

2017年4月19日 (水)

CPadでC/C++ (gnu gcc/g++の学習用として)

■gnu_gcc/g++を使う環境を整える(windows7)
・MinGWをインストール
http://www.mingw.org/
・CPad for Borland C++Compiler ダウンロード(bcpad231.lzh)を入手
CPad ダウンロードページ (一時退避場)
http://cpad.michikusa.jp/

●CPadの設定
メインメニューから実行->設定

a) [設定/基本設定]
[コンパイラのパス(W)] (必須)
C:\MinGW\bin\g++.exe   <- この1行を設定

この設定時にエラー表示がでるが,okを押して,設定を完了する.
「設定ファイル自動設定」は行わない.
Bcc32_error


[ヘルプファイルのパス(H)](設定しなくてもよいが)
C:\Users\****\Documents\cwork\settei\c_reference.txt  <- この1行を設定

授業で使っている役立つ資料などを記入したファイルを作成しておく[c_reference.txt].

※CPad -> ヘルプ -> ヘルプ(F1)でc_reference.txtが開き
TeraPadで,「表示」 -> 「リンクをチェック」でurlのリンクが機能する.

c_reference.txtの記述内容の一例(c_reference.txt」をダウンロード )

1) The GNU C Reference Manual
https://www.gnu.org/software/gnu-c-manual/gnu-c-manual.html
2)「初心者のためのポイント学習C言語」
http://www9.plala.or.jp/sgwr-t/index.html
3)C++ Language Tutorial
http://www.cplusplus.com/files/tutorial.pdf

[メモ]
http://www.cplusplus.com/files/tutorial.pdfをPCにダウンロードした場合には,
その保存場所を記入しておく.
file:///C:\Users\****\Documents\cwork\settei\tutorial.pdf

[標準のデータ保存フォルダ(D)] (必須)
C:\Users\****\Documents\cwork\src <- この1行を設定

[ファイル保存時に自動的にバックアップをとる(E)]
任意

Sette11b

b) [設定/実行]
[コンパイル時パラメータ]
-o %source_name_noext%     <- この1行を設定

Sette12

※各設定は,自分の環境に合わせ変更する.
フォルダ名やその場所は任意に設定し,それに対応して設定する.

●フォルダの配置

\cworkフォルダ
     |             
     +-- \bcpad(bcpadを解凍してできたファイル群を保存) 
     |
     +-- \settei (gpp_compile.bat, c_reference.txt,参考資料を保管)
     |
     +-- \src (ソースファイル,実行ファイル)

●参考サイト
・[きときとTop]
http://hp.vector.co.jp/authors/VA017148/pages/cpad.html
・[パソコン使用法](PDF)
http://webserv.ce.t.kanazawa-u.ac.jp/~takahara/fortran/manual.pdf
・[高知工業高等専門学校 環境都市デザイン工学科 情報系授業 Fortran コンパイラについて](PDF)
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&ved=0ahUKEwjByY34uK_TAhVGybwKHTVzAUwQFggqMAE&url=http%3A%2F%2Fwww.ce.kochi-ct.ac.jp%2F~ttake%2Fz4%2Fprogram%2Ffcpad%26gfortran.pdf&usg=AFQjCNHFsJBEB5kG7biItahbYPxnF3ZbuQ&cad=rja

●最後に
統合環境をいくつかインストールしてみたが,ちょっとした学習には,
敷居が高いように感じ,すぐにアンインストール.
入門学習に役立つ環境と思います.
・Free Pascal
・Java
・gfortran
なども利用できるようです.

※追記
[gfortranの設定例]
(CPad for Salford FTN77)を利用して
Cpad_for1
Cpad_fort2
F90_reference
Cpad_fortran
Ex1_1a_2

[Fortran90の学習資料]
1) Fortran90プログラミング
http://ace.phys.h.kyoto-u.ac.jp/~tomita/education/fortran90/sec0.html
2) Fortran 90 骨の髄まで
http://jjoo.sakura.ne.jp/tips/f90/index.html
3) Fortranスマートプログラミング(2015年度版)pdf 930KB
http://www.ile.osaka-u.ac.jp/research/cmp/download/fortran90-text-v5.pdf


« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31