学習メモ

2012年10月30日 (火)

語学(英語)のフレーズ集を作る(自学自習のために・・・)

■語学(英語)のフレーズ集を作る
使用ソフト:powerdot (以下に設定方法の概略を示しました)
教材例:『おとなの基礎英語』(NHK語学講座)を例として
活用例:個人の自学自習に利用
作成したPDFファイル:「eigo-gakusyu.pdf」

■コード例
\documentclass{powerdot}
\title{『おとなの基礎英語』\footnotesize{NHK語学講座(201211)}}
\author{フレーズ学習帳}

\begin{document}
\maketitle
\def\sp{3mm}
\begin{slide}{Week 5}
  \begin{itemize}
    \item また別の国にいるような感じがするわ.\pause
    \item  I feel like I'm in a different country again. \pause
    \vspace\sp
    \item モスクを見るのは初めてだわ.\pause
    \item  This is my first time to see a mosque.\pause
    \vspace\sp
    \item いいえ、遠慮しとくわ.\pause
    \item  No, that's all right.\pause
    \vspace\sp
    \item 落ち着いて、楽しむのよ!\pause
    \item  Just relax and have some fun!\pause
    \vspace\sp
    \item 靴は脱いだほうがいいの?\pause
    \item  Should I take off my shoes?\pause
    \vspace\sp
    \item  なんか、すごくいい匂いがするわね.\pause
    \item  Something smells really good.
  \end{itemize}
\end{slide}
\end{document}

■pdfファイル作成手順(概略です.詳しくは関連サイトで調べましょう)
tex→dvi→ ps →pdfの手順でPDFファイルを作成しました.

1) エディタでソースコードを作成(eigo-gakusyu.texで保存したとします)

2) MSDOS(コマンドプロンプト)を立ち上げ,次の手順でソフトを実行する.
(カレントディレクトリがC:\texworkの場合)

C:\texwork>platex eigo-gakusyu.tex
C:\texwork>dvips eigo-gakusyu,dvi
C:\texwork>ps2pdf eigo-gakusyu.ps

これで,eigo-gakusyu.pdfが作られる.日本語も表示されました.

#####参考

実は,これまで,powerdot利用時に,『ps2pdf』で日本語の文字化がおこっていました.対応方法がわからないため,psファイルを『gsviwe32』で表示し,FileメニューのConvertを選択してPDFに変換していました(この方法では日本語の文字化けは起こりませんでした).

そこで,新たに上記の方法で,インストールしなおすことにしました(20121030).
インストールしなおすことで,ps2pdfでの文字化けは解消されたような気がします.

不具合箇所を探しての修正はできないまたは無理と思い,インストールしな
おすことにしました.

下の図は,psファイルを『gsviwe32』で表示した様子です.
左のFileメニュからConvertを選択して,ファイル名(****.pdf)を入力して
PDFファイルを作ることもできました.
Eigogakusyu

######参考終わり
■TexのインストールとPSTricks/インストール
TeX インストーラ 3 /AbTeXInstaller
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?AbTeXInstaller

PSTricks/インストール
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?PSTricks#j88bb2ce
(奥村先生の説明にしたがって行いました)

Index of /pub/text/CTAN/graphics/pstricks
http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/graphics/pstricks/
http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/graphics/pstricks/base/

●TeX インストーラ 3をインストール後のディレクトリ例
TeX インストーラ 3のインストール後には,次のようにpstricksのディレクトリが
すでに作成されていた(環境により異なると思います).
C:\w32tex\share\texmf\tex\generic\pstricks
C:\w32tex\share\texmf\tex\latex\pstricks
C:\w32tex\share\texmf\dvips\pstricks

●pstricksのディレクトリに必要なファイルを入れる
奥村先生の説明にしたがって,
http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/graphics/pstricks/base/ のサイトから
下図の赤枠内のファイルを,対応するpstricksディレクトリに入れる.

『TeX インストーラ 3』のンストールの時点で,すでに入っているファイルもあるようです.
今回は,ないファイルのみを入れました.
Pstricks_4

■自学自習に利用できるかな?

■参考サイト
powerdotクラス付属マニュアルの日本語訳
http://homepages.inf.ed.ac.uk/s0675112/trans/powerdot_ja.pdf

powerdot
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?powerdot#f0f3637a

powerdot -- a LaTeX presentation class
http://homepages.inf.ed.ac.uk/s0675112/powerdot_intro/powerdot.html

スライド作成用クラスファイルpowerdotの導入
http://www.obihiro.ac.jp/~suzukim/abe/powerdot_install.html

TeXでプレゼン powerdotを使おう
http://power.mech.eng.osaka-cu.ac.jp/~takiyama/presen-powerdot.html

■コード例その2
\documentclass[style=ciment]{powerdot}
\title{『おとなの基礎英語』\footnotesize{NHK語学講座(201211)}}
\author{フレーズ学習帳}

\begin{document}
\maketitle
\def\sp{3mm}
\begin{slide}{Week 5}
  \begin{itemize}[type=1] %type=0 or type=1
    \item また別の国にいるような感じがするわ.\pause
    \item I feel like I'm in a different country again.\pause
    \vspace\sp
    \item モスクを見るのは初めてだわ.\pause
    \item  This is my first time to see a mosque.\pause
    \vspace\sp
    \item いいえ、遠慮しとくわ.\pause
    \item  No, that's all right.\pause
    \vspace\sp
    \item 落ち着いて、楽しむのよ!\pause
    \item  Just relax and have some fun!\pause
    \vspace\sp
    \item 靴は脱いだほうがいいの?\pause
    \item  Should I take off my shoes?\pause
    \vspace\sp
    \item  なんか、すごくいい匂いがするわね.\pause
    \item  Something smells really good.
  \end{itemize}
\end{slide}
\end{document}

・説明
スライドを追加するときには,
\begin{slide}{Week 6}
  \begin{itemize}[type=1]
    ・・・ 
    ・・・
  \end{itemize}
\end{slide}
のように追記する.
ただし,PDFファイルのサイズが大きくなるので,
多くのスライドを一つのpdfファイルとしない.

●変更箇所
\documentclass[style=ciment]{powerdot}
\begin{itemize}[type=1]
の2箇所.
typeは,type=1またはtype=0でデフォルトはtype=0

●『コード例その2』のPDFファイル
「eigo-gakusyu-sono2.pdf」 (サイズ318KB)


2012年3月 8日 (木)

Ruby入門のサイドですこし学習してみよう・・・

■Ruby入門のサイドですこし学習してみよう・・・
~データ加工のために~
学習環境XP,CygwinまたはDOS
Rubyは日本語表示に悩まないですみそうです?.

ruby -Ks test.rb
ruby -Ke test.rb
ruby -Ku test.rb

==覚書==
不明なことをメモしたものです.
・一方,Perlでは,スクリプトを文字コードEUCで保存し,
出力をファイルに書き出し,エディタで確認している.
(画面に直接出力すると文字が読めない,といった問題があるため.)
・Shift-JISでも同様のようです.

・文字コードUTF-8Nでつくったperlスクリプトの出力表示は問題ないようですが・・・

しかし,日本語コードの扱いはよくわからなので,
Perlでは文字コードEUCで作成している.


次のようなコードもあるようでメモを残しておきます.
use encoding 'Shift_JIS'; Perl言語プログラミングレッスン入門編(結城浩著) p257
use encoding 'euc-js';
use encoding 'utf8';

■「perlソースコードをUTF-8で保存」で日本語表示ができるようです.
(windows,cygwin,TeraPad)
===
open(OUT, ">output") || die "output : $!";
print "2012年3月28日 あんずの花が咲きそうです";          #画面に出力
print OUT "2012年3月28日 あんずの花が咲きそうです";   #ファイル出力(out)
close(OUT)
===
$perl ./***.pl    で実行. ***はファイル名

=====
#!/usr/bin/perl  を先頭(1行目)に書いた場合の実行方法
$perl ./***.pl     OK 
$./***.pl            UTF-8 → NG ,SHIFT-JIS,EUC,UTF-8N  → OK のようでした.
=====

■日本語表示例1(20120309)   二つの数の最大値を表示する
===
#!/usr/bin/perl
##最大値の表示
use utf8;             #このコードをUTF-8で保存
binmode STDIN,  ":utf8";
binmode STDOUT, ":utf8";
print "Enter the first number(数1) = ";
chomp($first = <STDIN>);
print "Enter the second number(数2) = ";
chomp($second = <STDIN>);
if ($first > $second) {
    print "最大値は $first ですね\n";
} else {
    print "最大値は $second ですね\n";
}
===
※実行はコマンドラインから
$perl ./***.pl で実行

■日本語表示例2(20120309)   ファイルを読み込み行番号を付けて表示する
「larger.zip」をダウンロード
UTF-8Nで書かれていると思います.調べてみて下さい.TeraPadで文字コードの変更もできます.
===
#!/usr/bin/perl
#このコードをUTF-8で書く(保存する);
use strict;
use warnings;
use utf8;
binmode STDIN,  ":utf8";
binmode STDOUT, ":utf8";
open( IN, "<:utf8","larger.pl") || die "I cant open larger.pl"; #larger.plはUTF-8Nで保存しておく
open(OUT,">:encoding(utf8)", "output_utf8n") || die "I cant open output";  #UTF-8Nでファイル出力する
my $lineno = 1;
while (<IN>) {
  print OUT "$. : $_";
  print "$. : $_";
  $lineno++;
}
print "2012年3月29日 桜の開花近し\n";
close(IN);
close(OUT);
####
※実行はコマンドラインから
$perl ./***.pl で実行

■調べてみる
コード操作は分からないことが多いのですが,参考サイトを参考にさせていただきました.
コード例に不具合もあると思います.参考サイトなどで学習して下さい.
open( IN,
open( OUT,
の個所を以下のコードなどに変更して調べてみよう.
open( IN, "<:encoding(shiftjis)","larger.pl") || die "I cant open larger.pl"; #larger.plをSHIFT-JISで保存しておく
open( OUT,">:encoding(shiftjis)", "output2_sj") || die "I cant open output";# SHIFT-JISで出力される
open( OUT,">:encoding(utf8)", "output2_utf8n") || die "I cant open output";# UTF-8Nで出力される

●参考サイト
・Perl 5.8でUTF-8の文字コードを扱う
http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~taku/osx/perl/perl_utf.html
・Perl5編 トップページ
http://www.geocities.jp/ky_webid/perl5/index.html
・perlで標準より大きい有効数字の整数、小数を扱う
http://d.hatena.ne.jp/hogem/20080527/1211897693
・Perl5.8の文字コード周り
http://snoop.to/bbbs/logs/20070718013411.html#m1-3
・perlでutf-8
http://krakenbeal.blogspot.jp/2011/07/perlutf-8.html
・Perl 5.8でUTF-8の文字コードを扱う 参考サイト
http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~taku/osx/perl/perl_utf.html

●日本語処理処理の参考サイト
Perl/Unicode
http://www.bugbearr.jp/?Perl/Unicode
・nanoaでPerlを学習
http://d.hatena.ne.jp/lapis25/20090226/1235576418
・Encode - 日本語などのマルチバイト文字列を適切に処理する
http://d.hatena.ne.jp/perlcodesample/20091118/1246679588
・Encodeでラクラク日本語処理 - JPerl Advent Calendar 2009
http://perl-users.jp/articles/advent-calendar/2009/casual/10.html
・perljp - 日本語 Perl ガイド
http://perl.active-venture.com/pod/perljp.html
・Perl の多言語処理
http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/~schiba/perl/perlEncoding.html

Perl Programming Documentation
http://perldoc.perl.org/
http://perldoc.perl.org/encoding.html

・Mac OS X10.6.8では,
macのターミナルを使うと,環境設定から文字(テキスト)エンコーディングを選択できる.
そこで,
・スクリプトファイルを文字コードEUCで保存(改行コードはLF(UNIX) を選択)
・ターミナルの文字エンコーディングを日本語(EUC)を選択 
と設定すると,日本語表示の問題は解消できるようです.

●ターミナルの文字エンコーディングをUnicode(UTF-8)としても問題ないようです。確認しましょう。

注意:
・ファイル保存:
 テキストエンコーディング UTF-8
 改行コード LF(UNIX) 
・ターミナルの文字エンコーディングをUnicode(UTF-8)
の組み合わせでもOKのようなケースもあると思われたが,
slitsub関数の利用で不適切な結果がでることもあるようです.
そこで,Perlは文字コードをEUCに統一して行う.
日本語の画面出力も問題ないようです.
macには,Perl, Rubyなど(php,Pythonもwhichで調べてみよう)がもとからインストールされているので,言語を直ぐに使うことができる.これはありがたい.
====
■リンクリスト【20120312 】(リンクが切れていることもあると思います)
●Ruby学習予定サイト(サイトを公開されている方々に感謝致します)
Ruby ではじめるプログラミング 連載一覧
http://jp.rubyist.net/magazine/?0002-FirstProgramming
Learn to Program
http://pine.fm/LearnToProgram/
RubyによるWebアプリケーション開発 教育プログラム導入実証
IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)
http://www.ipa.go.jp/software/open/ossc/seika_1005_1.html
2011年度プログラミング言語の講義資料(Ruby)_櫻井研究室
http://www.sakurai.comp.ae.keio.ac.jp/classes/2011prog-class.html

ドキュメント
http://www.ruby-lang.org/ja/documentation/
Ruby 1.9.3 リファレンスマニュアル
http://doc.ruby-lang.org/ja/1.9.3/doc/index.html

●Perl学習予定サイト(サイトを公開されている方々に感謝致します)
Perl入門
http://flex.phys.tohoku.ac.jp/texi/perl-nyuumon/
Beginning Perl (free)
http://www.perl.org/books/beginning-perl/
Japanized Perl Resources Project
http://perldoc.jp/
http://perldocjp.sourceforge.jp/
http://perldoc.jp/index/core
Perl5編(トップページ)
http://www.geocities.jp/ky_webid/perl5/index.html
とほほのperl入門
http://www.tohoho-web.com/wwwperl.htm
とほほのperl入門(リファレンス編)
http://www.tohoho-web.com/wwwperl2.htm
・Perl プログラミング Tips
☆http://www.g-ishihara.com/perl/index.html
・Perlリファレンス
☆http://www2u.biglobe.ne.jp/MAS/perl/ref/index.html
・Perl
http://smdn.jp/archives/perl/
・Perlでいいよ
http://web.archive.org/web/20020509214135/http://www13.cds.ne.jp/~ohsaru/perl/
・Perlモジュール
http://www2u.biglobe.ne.jp/MAS/perl/modules/index.html
・Perl one liner 集 perl 1行野郎
http://sonic64.com/2003-06-04.html
・Perl表技集
http://www2u.biglobe.ne.jp/MAS/perl/waza/
・Perlで書く
http://www2u.biglobe.ne.jp/MAS/perl/index.html
・Perl/CGI 300の技
☆http://www.tohoho-web.com/perl/
・Built-in Functions
http://www.chemie.fu-berlin.de/chemnet/use/info/gawk/gawk_13.html
・perlのワンライナーでモジュールの関数をエクスポートする書き方l
http://d.hatena.ne.jp/hogem/20091023/1256311309
・コマンドプロンプトでのワンライナー
http://blog.livedoor.jp/xaicron/archives/50923354.html
・perl - ワンライナーの書き方入門
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51026593.html
・perl - Encode 入門
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51031595.html
・AWK Language Programming
http://www.chemie.fu-berlin.de/chemnet/use/info/gawk/gawk_toc.html
・AWKのまとめ
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~kokugo/nonami/awk/awkmini.html


無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31