Latex

LaTeX

2013年7月 2日 (火)

マクロの学習

■『初めてのマクロ』の学習メモ
・ミスがあると思います.要確認.
・改行を適切に設定してください.

●利用した書籍(古い本です)
『pLaTeX2e for Windows Another Manual Vol.1 Basic Kit 1999, 乙部厳己+江口庄英著, SOFTBANK, 1998』
・AppendixA.3(pp.472-478)にあるサンプルコードを学習する

\documentclass{jarticle}

\begin{document}
% ListA.1
\newcommand{\myname}{KISARAZU, Taro}
\myname

% ListA.2
\newcommand{\signature}{%
\begin{flushright}
木更津太郎(\scshape{Kisarazu}, Taro)\\
Kisarazu National College of Technology.
\end{flushright}%
}
\signature

% ListA.3と自習例
\newcommand{\im}{{$\sqrt{-1}\,$}}
\im

\newcommand{\imb}{{\sqrt{-1}\,}}
$\imb$

$e^{\sqrt{-1}\,}$

$\sqrt{2}\,x$

\newcommand{\csys}{{\ttfamily CONFIG.SYS}}
\csys

CONFIG.SYS

\newcommand{\csysb}{\ttfamily CONFIG.SYS}
\csysb

CONFIG.SYS

% ListA.4
\newcommand{\dfracA}[2]{{\displaystyle\frac{#1}{#2}}}
$\dfracA{x}{y}$

\newcommand{\dfracB}[2]{\frac{#1}{#2}}
$\displaystyle\dfracB{x}{y}$

\newcommand{\dfracC}[2]{\frac{#1}{#2}}
$\dfracC{x}{y}$

% ListA.5 省略
% ListA.6
\newcommand{\norm}[1]{{\left\| #1 \right\|}}
$\norm{\frac{x}{y}}$

% ListA.7
\newcommand{\F}{\mathcal{F}}
$\F$

\newcommand{\mdx}{\mu(dx)}
$\mdx$

% ListA.8
\newcommand{\Fb}{\ensuremath{\mathcal{F}}}
\newcommand{\sfield}{$\sigma$-field}
\newcommand{\psp}{\ensuremath{\Omega}}
\newcommand{\lsum}{\sum\limits}
\newcommand{\infsum}{\lsum_{n=0}^\infty}

$P$が\psp 上の確率であるとは,$P$は{\sfield} \Fb 上に定められた
測度であって,全測度が1であることをいう.
すなわち,次を満たす完全加法的な集合関数を確率という.

\begin{enumerate}
\item $P(A) \geq 0 ,\quad A \in \Fb$
\item $P(\psp) = 1$
\item $P(\infsum A_n) = \infsum P(A_n), \quad \{A_n\} \subset \F$
\end{enumerate}

\end{document}
●TeXコードと実行結果(1)
「kantanna_macro.zip」
「kantanna_macro.pdf」
●TeXコードと実行結果(2)
「kantanna_macro_b.zip」
「kantanna_macro_b.pdf」

●利用する書籍(古い本です)
『pLaTeX2e for Windows Another Manual Vol.2 Extended Kit, 乙部厳己+江口庄英, SOFTBANK, 1997』
・学習予定の章:『Chapter8 マクロ』の一部
\documentclass{jarticle}
\pagestyle{empty}
\begin{document}

【List8.1】 オプション引数を持つマクロの定義と使用例\\

\newcommand{\aseq}[1][n]{\ensuremath{\{a_{#1}\}}}

\aseq

\aseq[n_k]

\newcommand{\nsum}[2][\infty]{\sum\limits_{#2=1}^{#1}}
$\nsum{n}a_n$

$\nsum[n]{k}a_k$

\end{document}

%%20130704
\documentclass{jarticle}

\usepackage{xspace}
\usepackage{ifthen}

\pagestyle{empty}

\begin{document}

【List8.2】 最も簡単な環境定義とその使用例\\
%\newenvironment{環境名}[引数の個数][デフォルト値]{開始命令}{終了命令}

\newenvironment{bold}{\bfseries}{}

\begin{bold}

太字で出力されるテキスト

\end{bold}

【List8.3】 均等割り付け環境の定義とその使用例\\
\newenvironment{kintou}[1]{%

\hbox to #1\bgroup\kanjiskip=0pt plus 1fill minus 1fill}{\egroup}

ちょっと難しいと思われがちな

\begin{kintou}{8zw}

均等割り付け

\end{kintou}%

をしています.

【List8.4】 kintou環境を使用したbigtitle環境\\
\newenvironment{bigtitle}[1][\linewidth]{%

\huge

\begin{kintou}{#1}}

{\end{kintou}}

\begin{bigtitle}

以下参照

\end{bigtitle}

【List8.5】省略

【List8.6】 いくつかのマクロの使用例\\

\newcommand{\F}{\ensuremath{\mathcal{F}}}

\newcommand{\sfield}{$\sigma$-field}

The \sfield \F is the set of events.

The \sfield{} \F{} is the set of events.

【List8.7】 \textbackslash xspace命令によるマクロの定義例(xspaceパッケージを使う)\\

\newcommand{\Fb}{\ensuremath{\mathcal{F}}\xspace}

\newcommand{\sfieldb}{$\sigma$-field\xspace}

The \sfieldb \Fb is the set of events.

【List8.8】複数回数実行の例(ifthenパッケージを使う)\\
\newcounter{foo}

\setcounter{foo}{1}

\whiledo{\value{foo}<6}{%

  This is a pen.\\

  \stepcounter{foo}%

}

【List8.9】省略

\end{document}

%%20130705
【8.4 TeXマクロの基礎知識】
【コード:list-20.tex】
「list8-20.zip」
DLして解凍して下さい.

※\verb*+({ })+
区切り記号(ここでは+)で挟んだ文字列 ({ }) をそのまま出力する.
空白は明示的に出力する.

※zipファイルをiPadで開く
『Documents by Readdle』(無料)を使うと,ウェブサイトからzipファイル
をDLして,解凍することができるようです.日本語にも対応しているようです.

●自習コードメモ
・ウエブサイトのアドレス表示例
\newcommand{\website}[2][http]{\texttt{#1://#2/}}
%http://www.ctan.org/と表示する場合
\website{www.ctan.org}

%ftp://ctan.org/と表示する場合
\website[ftp]{ctan.org}

【List8.21】マクロの展開例(1)
\documentclass{jsarticle}

\begin{document}

  \def\B{最初の定義}

  \def\A{\B}

  \A

  \def\B{あとの定義}

  \A

\end{document}

【List8.22】マクロの展開例(2) (List8.21の変形)
\documentclass{jsarticle}

\begin{document}

  \def\A{\B}

  \def\B{最初の定義}

  \A

  \def\B{あとの定義}

  \A

\end{document}

【List8.23】局所的に表の罫線の太さを変更する例
\documentclass{jsarticle}

%\usepackage{array}

\begin{document}

\begin{tabular}{|l|l|}

\textbf{マクロ} & \textbf{作者} \\

plain \TeX & Knuth \\

\LaTeX & Lamport

\end{tabular}

{                         % グループの開始

\setlength{\arrayrulewidth}{1mm}

\begin{tabular}{|l|l|}

\textbf{マクロ} & \textbf{作者} \\

plain \TeX & Knuth \\

\LaTeX & Lamport

\end{tabular}

}                          % グループの終了

\begin{tabular}{|l|l|}

\textbf{マクロ} & \textbf{作者} \\

plain \TeX & Knuth \\

\LaTeX & Lamport

\end{tabular}

\end{document}

【出力例】
Maclist823

【List8.46】5回だけ“This is a pen.”と出力する.
\documentclass{jsarticle}

\begin{document}

\newcount\pencount

\pencount=0

\loop
     \ifnum\pencount<5
     \noindent

     This is a pen. \\

     \advance\pencount by 1

\repeat

\end{document}

【List8.47】反復のマクロ
\documentclass{jsarticle}

\begin{document}

\def\copying#1#2{%

    \newcount\n%

    \n=0

    \loop%

       \ifnum\n<#2%
       #1%

       \advance\n by 1%

    \repeat
}
\copying{This is a pen. }{5} %5回だけ“This is a pen.”と出力する
\end{document}

【List8.49】文字リストの読み出し例
\documentclass{jsarticle}

\usepackage{amssymb}

\begin{document}

\makeatletter

\def\sampleseq{Windows,Macintosh,Unix,dos}

それぞれの命令が取り出した要素の後に:を付けます。\\

それぞれの命令に与える文字列は「\sampleseq」です。\\

まず、{\tt\yen @for}命令の場合は、次のようになります。

\begin{quote}

\@for\templist:=\sampleseq%

  \do{%

  \templist:}

\end{quote}

そして、{\tt\yen @tfor}命令の場合は、次のようになります。

\begin{quote}

\expandafter\@tfor\expandafter\templist\expandafter:\expandafter=\sampleseq%

  \do{%

  \templist:}

\end{quote}

\makeatother

\end{document}

【出力例】
List8_50_2

【List8.50】直接文字列を与える場合
\documentclass{jsarticle}

\begin{document}

\makeatletter

\@tfor\templist:=Windows,Macintosh,Unix,dos%

   \do{%

   \templist:}

\makeatother

\end{document}

●参考書籍
『LATEX2ε文典』 生田 誠三 (著) 朝倉書店 (2000)
『LATEX2ε入門』 生田 誠三 (著) 朝倉書店 (2003)
『LATEX2εコマンドブック』 藤田 眞作 (著) ソフトバンククリエイティブ (2003)


2013年5月 7日 (火)

LaTeXで点字の学習/簡易な墨点字学習用紙/清音の点字一覧など

■点字のテスト(20130509に修正しました)
\documentclass[10pt]{jarticle}

\usepackage{ketpic,ketlayer}

\usepackage[補助線]{tenpla}

\pagestyle{empty}

\setmargin{18}{15}{15}{15}

\begin{document}

点字のテストです。\texttenji{テンジ}

\begin{tenji}

  \Braille{コンニチワ セカイ。\par

  コンニチワ テンジ}

\end{tenji}

\vspace{5mm}

\texttenji{シタノズワ エンデス。}\\

\input{zu_en_ten_a}  \hspace{5mm} \input{zu_en_ten_b}

\end{document}

・inputする図ファイル
「zu_en_ten_a.zip」
「zu_en_ten_b.zip」

・作成したPDF
「tenji_zu_2.pdf」

■点字のテスト(2)
\documentclass[10pt]{jarticle}

\usepackage{ketpic,ketlayer}

\usepackage[補助線]{tenpla}

\pagestyle{empty}

\setmargin{18}{15}{15}{15}

\begin{document}

点字のテストです。\texttenji{テンジ}

\begin{tenji}

  \Braille{コンニチワ セカイ。\par

  コンニチワ テンジ}

\end{tenji}

\vspace{5mm}

\texttenji{シタノズワ エンデス。}\\

\input{zu_en_ten_a2}  \hspace{5mm} \input{zu_en_ten_b2}

\end{document}

・inputする図ファイル
「zu_en_ten_a2.zip」
「zu_en_ten_b2.zip」

※図ファイルを作成するコード例(R版KETpic)【参考】
「ten_zu_3_1.r」 (20130510 23:20修正)

・作成したPDF
「ten_zu_3.pdf」

■英文点字のテスト
\documentclass[10pt]{jarticle}

\usepackage[puttinydots,useemptybox]{braille}

\usepackage{ketpic,ketlayer}

\pagestyle{empty}

\setmargin{18}{15}{15}{15}

\begin{document}

\braille{May you live in an interesting time.}\\

\braille{I like computer}

\end{document}

「tenji_braille.pdf」

●『braille.sty』の場所
C:\w32tex\share\texmf\tex\platex\braille\braille.sty

●grade1.py,grade2.pyの実行(参考)
LaTeX2e package for typesetting Braille』に記載されている
[3    grade1.py, grade2.py]に関連して.
http://mirror.math.ku.edu/tex-archive/macros/latex/contrib/braille/braille.html

・Pythonの実行の方法(Windows7)

Python 2.7.3 (default, Apr 10 2012, 23:31:26) [MSC v.1500 32 bit (Intel)] on win
32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import grade1
>>> grade1.convert("I like computer")
'I like computer'
>>> grade1.convert("April 1999")
'April {Number}1999'
>>> grade1.convert("I said ``hello'', and she said ``goodbye''.")
"I said {``}hello{''}, and she said {``}goodbye{''}."
>>> import grade2
>>> grade2.convert("I like computer")
'I {like} {com}put{er}'
>>> grade2.convert("April 1999")
'April {Number}1999'
>>> grade2.convert("I said ``hello'', and she said ``goodbye''.")
"I {said} {``}hello{''}, {and} {sh}e {said} {``}goodbye{''}."

●墨点字学習用紙(参考)
簡易的な墨点字学習用紙です.ご自由にご利用ください.
練習には,点のサイズがもっと大きい方がよいかもしれませんが・・・
「tenji-youshi.pdf」 (35KB)
「tenji-youshi-thin.pdf」 (細い線で書かれた点) (35KB)

●点字記号一覧を作る(1)
『R版KETpic』で作成.
「tenji-ichiran.pdf」 凸面点字[清音] (124KB)
「tenji-ichiran-aiueo.pdf」 凸面点字・凹面点字[清音] (233KB)
誤りがあるかもしれませんので,確認してください.

・データファイル
文字データ:「aiueo.zip」 (1KB)

6点データ:「6ten-aiueo.zip」 (1KB)

・Rコード例:
zu-tenji-totu-seion.tex
zu-tenji-ou-seion.tex
を作成するためのコード
(未掲載)
・Latexコード例
「tenji-aiueo.zip」  (tenji-aiueo.tex, 1KB)

以下は\inputのための図ファイルです
「zu-tenji-totu-seion.zip」 (zu-tenji-totu-seion.tex, 205KB) 
「zu-tenji-ou-seion.zip」 (zu-tenji-ou-seion.tex, 205KB)

・参考図書
『点字・点訳基本入門』 当山 啓 (著)  p.220 (<付録>主な点字記号一覧)

●点字記号一覧を作る(2)
・凸面点字一覧(読む場合)
[清音] [濁音・半濁音][撥音・促音・長音][日本語の句読点] [数字] など

データファイル
「tenji-ichiran-1.txt」
【結果】
「tenji-ichiran-1.pdf」(317KB)

・凸面点字一覧(読む場合)
[拗音・拗濁音・拗半濁音][数字][アルファベット]など

データファイル
「youon.txt」

「alphabet.txt」
ファイルごとに図ファイルを作成し,TeXで合成.

【結果】
「youon-alphabet.pdf」 (349KB)

※『R版KETpic』のコードは未掲載(ごちゃごちゃな状態で整理しないと・・・)

●点字記号一覧を作る(3)
・凸面点字一覧(読む場合)
[特殊音]
・データファイル
「tokusyu-on-b.txt」
・データファイルの説明
以下のようになっていて,各音の区きり記号はない.
半角スペースがあると『マス』一つ空ける.

イェキェシェチェニェヒェスィティ
    ジェ      ズィディ
  ウィウェウォ  トゥ
クァクィクェクォ  ドゥ
グァグィグェグォ  テュフュフョ
ツァツィツェツォ  デュヴュヴョ
ファフィフェフォ  ヴ
ヴァヴィヴェヴォ
【結果】
「tokusyu-on.pdf」 (211KB)

●点字記号一覧を作る(4)【凸面点字(読む場合)】
【サンプル文 「sample1.txt」】(文の中に外字符,大文字符,数符を記入します)
[sample1.txtをブラウザで開くと文字化けする場合があるようです.
ブラウザの表示メニューで,文字エンコーディングをShift_JISにするとよいと思います.
または,一度保存し文字コードをSHIFT-JISでみるとよいと思います・・・・]


アルファベットのかきかた.
外abc  外大大ABC  外大大COD
外大大JIS  外大大TV

すうじ
数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
おわり オワリ

※サンプル文の外,大,数は
『外』は外字符
『大』は大文字符
『数』は数符
を意味する.

【結果】
Tenjisample_2
「kanji-test.pdf」 (157KB)

【例】
pHを表現するには,
外p大H
としまう.

※空セルの表示の有無
空セル(6点とも白丸のセル)も表示するとよい場合があるかも・・・
そのときは,必要な空セルの数だけ半角スペースを書く・・・

●短い文の点字記号(凸面)をつくる(時間がかかりすぎるものになってしまった)
はじめての てんじ!
てんじの しょしんしゃです.

【文のファイル】
「hajimetenotenji.txt」 (SHIFT-JIS)
「hajimetenotenji_a.txt」 (UTF-8)

【手順】
1) 「hajimetenosumiji-130614.tex」 (SHIFT-JIS)
   「hajimetenosumiji-130614-a.tex」 (UTF-8)

2) 「zu_tenji2013-06-14_16-38-37.zip」 (zu_tenji2013-06-14_16-38-37.tex) (94KB)
3)「hajimetenosumiji-130614.pdf」 (59KB)

1)のTeXコードを実行して,3)のPDFファイルを生成する.
2)は解凍して,1)のファイルと同じ場所(同じディレクトリ )におく.

※2)の『zu_tenji2013-06-14_16-38-37.tex』の生成に要した時間.
   ユーザ   システム       経過 
     35.45       5.59     201.91
単位は秒です.
(もっと短縮できるとよいのですが・・・)

●学習のための点字一覧表(鉛筆でぬってみよう)
「tenji-ichiran-rensyuu.pdf」  (61KB)

【以下のコード等は参考です.不備があるかもしれないです】
・TeXコード(参考:読みにくいです)
「tenjiichiran_rensyuu.zip」 (tenjiichiran_rensyuu.tex)
・セル(6個の○)を表示するスタイルファイル(tencell.sty)【\tenjicellを利用するために必要】
「tencell.zip」
\tenjicell[セルの大きさ]{セルの数}

【例】 \tenjicell[1]{4} セルの大きさ:デフォルト1
【出力例:イメージ】
Cells_3

他の必要なパッケージはTeXコードを参考

●点字一覧ファイル(参考メモ)
ミスをあると思いますので,チェックして修正をお願いします.
また,必要に応じて追加してください.
・コンマ区切りファイル(csvファイル)です(20130708版)
「itiran20130708.zip」 (itiran20130708.csv)

・このファイルを読んで点名称(1,2,3,4,5,6)を出力するRコード例
「tenjidots.zip」 (tenjidots.r)

【使用例】
"ア"の出力例(1マスの例)
マス1:  0  マス2:  1

"ジ"の出力例(2マスの例)
マス1:  5  マス2:  1256

●点字一覧ファイル2(参考メモ)
ミスをあると思いますので,チェックして修正をお願いします.
「itiran_01_20130709.zip」 (itiran_01_20130709.txt)
【ファイルの一部の表示例】
音    masu1    masu2    masu1_01    masu2_01    masu1_01_comm    masu2_01_comm
ア        1    000000    100000    0,0,0,0,0,0    1,0,0,0,0,0
イ        12    000000    110000    0,0,0,0,0,0    1,1,0,0,0,0
ガ    5    16    000010    100001    0,0,0,0,1,0    1,0,0,0,0,1

●R版KETpicで凸面点字図を作成する
・ひらがな,カタカナのみに限定
・KETpicとTEXの連携を学びながら・・・
以下作成中
【結果例】
サンプル文は『点字・点訳 基本入門』当山 啓著(産学社) p.35
を利用させていただきました。
「kettenji130719.pdf」
【サンプル文】
「makoto130719.zip」 (makoto130719.txt)
・テキストファイルの入力例
文中の・・・・・・は線種(点線)で表示することとし、入力は
{点線}
とする。中カッコは開き({)、閉じ(})とも半角

・各種の表記符号・記号類などは、その名称を中カッコで囲んで入力する。
たとえば、第1つなぎ符は{第1つなぎ符}と入力すると、3、6の点のセルが表示される。
このような仕様でプログラム作成中・・・

●参考サイト(1)

・TeX で点字 など
http://homepage2.nifty.com/BERSERKER/
・Tenpla
http://forest.edu.u-toyama.ac.jp/blog/2008/05/tenpla.html
・点字を打とう!!
http://muzik.gr.jp/tenji/lets_write.asp
・とほほの点字入門
http://www.tohoho-web.com/tenji.htm
・点字自動翻訳システム
http://muzik.gr.jp/tenji/default.asp
・点字自動翻訳 on the web
http://muzik.gr.jp/tenji/conv_tenji.asp
[活用させていただきます.感謝]
<<開発者の雑記帳>>
http://muzik.gr.jp/tenji/from_developer.htm
[一読してみよう]

・Multi Braille Document Editor
http://www.nippontelesoft.com/mbdedit/
・Multi Braille Document Editor ( Ver 1.8.4.6 ) 2013/05/07
http://www.nippontelesoft.com/mbdedit/#DOWNLOAD
・英語の点字 - Wikipedia
・Direc-tory tex-archive/macros/latex/contrib/braille
http://www.ctan.org/tex-archive/macros/latex/contrib/braille
・筑波技術大学 情報・理数点訳ネットワーク トップページ
http://www.ntut-braille-net.org/index.htm
・libbraille Portable Library for Braille Displays
http://libbraille.org/
・Braille Translation
http://libbraille.org/translator.php
Text2convert_2
・Literary Braille
http://www.brailleauthority.org/literary/literary.html
・Braille Mathematical Notations
http://chezdom.net/mathematicalbraillecodes/
・1.5 統一英語点字コード制定の動向 日本点字委員会・点字科学記号検討資料編纂会
http://web.econ.keio.ac.jp/staff/nakanoy/article/braille/BR/chap1/1-5/1-5.html

・目次 - InftyProject

●参考サイト(2)
・Braille Translation Software from Duxbury Systems
http://www.duxburysystems.com/default.asp
http://www.duxburysystems.com/
・Duxbury Braille Translator Producer’s Manual (2011)
http://printdisability.wordpress.com/guidelines/duxbury-braille-translator-producers-manual-2011/
・Duxbury DBT Help File (Internet Edition)
http://www.duxburysystems.com/documentation/dbt11.1/index.htm
http://www.duxburysystems.com/documentation/DBT11.1/index.htm?hl=ja
・ダックスベリーDBTのヘルプファイル(インターネット版)
http://translate.google.com/translate?u=http://www.duxburysystems.com/documentation/DBT11.1/index.htm%3Fhl=ja&hl=en&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

●参考サイト(3)
・点字を 数学的に 読み取る
http://izumi-math.jp/F_Nakamura/tenji/tenji2.pdf
・点字の数学の話
http://www.nara-wu.ac.jp/fuchuko/curriculum/study/Math/04sousu1/14report/14-3point.htm
・点字の歴史
http://www.nise.go.jp/portal/elearn/shiryou/shikaku/tenzi_rekishi.pdf
・後期点字講習会(中級編)【これまでの点字講習会】
http://www.ils.u-toyama.ac.jp/news/news_tenjik.html
・こころネット
http://kokolo.net/
・静岡県読み方辞典(音訳の部屋)
http://hiramatu-hifuka.com/onyak/shizuoka/shizindx.html
・漢点字を体験してみませんか?  「点字-テキスト コンバーター」
http://www.ukanokai-web.jp/Kantenji_kiso/03taiken.htm
Tenjitext_2
・墨点字フォント
http://www.eonet.ne.jp/~tecti/tecti/br-font.html
その他にもあるようです.
OpenOfficeなどで利用
・バリアフリー天文科学絵本の開発・刊行 ? 京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2012/120425_1.htm

●参考サイト(4)
・自動点字翻訳サーバ:eBraille
http://ebraille.med.kobe-u.ac.jp/
・触図作成プロジェクト|II 触図の作成方法と作成される触図の特性について
http://www.tenji.ne.jp/syokuzu/shokkaku/shokkaku2.html
・点字関連まとめリンク集
http://matome.naver.jp/odai/2131462585490131201
・点訳サークルモビール お役立ち情報
http://www.katch.ne.jp/~blind/mobile/mobi/joho1.htm
・はあとリンク 障害教育 視覚障害 ソフト・点字
http://www.prop.or.jp/challenged/open/heart/heart-jp1233-1.html
・リンク [点訳グループ]など
http://www2.ttcn.ne.jp/driver-ya/HPLink.htm
・Microsoft Word - UEB05_3_27.DOC - Fujiyoshi5.pdf (1010KB ,サイズ大きい)
【Unicodeによる点字記号の世界的統一と統一英語点字記号】
http://www.inftyproject.org/articles/Fujiyoshi5.pdf

●書籍
・『さわっておどろく!――点字・点図がひらく世界』
(岩波ジュニア新書) 広瀬 浩二郎 (著), 嶺重 慎 (著)
夏休みの読書本によいと思います.
近くの市立図書館で借りて読みました.
※図書館の書棚に,点字・点訳関連の図書は少ないように思いました.
もっと多くなるとよいと思いますが・・・



無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31