PSTricks/KETpic

2012年8月16日 (木)

PSTricks(pst-3dplot)とScilab版KETpicによる曲面描画例

■PSTricks(pst-3dplot)とScilab版KETpicによる曲面描画例
●事例関数式
Equation3d
「equation-3d.jpg」 

Z=10*(X^3+X*Y^4-X/5)*exp-(X^2+Y^2)+exp-((X-1.225)^2+Y^2)

・PostScriptによる表記
    x 3 exp x y 4 exp mul add x 5 div sub 10 mul
    2.729 x dup mul y dup mul add neg exp mul
    2.729 x 1.225 sub dup mul y dup mul add neg exp add

●描画例【PSTricks(pst-3dplot)】
・PSTricks(pst-3dplot)による
「pst-3dplot-sample-23-05-10-a.ps」

「pst-3d-1.jpg」
「pst-3d-2.jpg」
「pst-3d-3.jpg」

・プログラム例(pstricks23-05-10.tex)
「pstricks23-05-10.zip」

※PSTricks: Graphics and Postscript for LATEXA
Example 23-05-10 on page 364. を利用させていただきました.

※参考書など
・PSTricks: Graphics and Postscript for LATEX
Herbert Voss (著) 英語 902ページ
出版社: Uit Cambridge Ltd. (2011/02)
CTAN directory: /info/examples/PSTricks_en
http://www.ctan.org/tex-archive/info/examples/PSTricks_en
http://mirror.ctan.org/info/examples/PSTricks_en.zip

●描画例【Scilab版KETpic】
・Scilab版KETpicによる
「ketpic-3D.ps」
「ketic-3d.jpg」

計算に時間がかかります(計算終了までひとやすみ.計測していませんが20分程度か)
(Windows XP, Intel(R) Core Duo(TM)2 CPU 2.99GHz)

○KETpicによる作業手順
・Scilab版KETpicのプログラム例(sample20120815.sce)
実行後にfig.texが作成される
「sample20120815.zip」

※このプログラム(sample20120815.sce)の頭に,
次の2行を記述しketpicを利用可能にする.

Ketlib
=lib('C:/sciwork/ketpicsciL5');     ←環境合わせて変更
Ketinit();

↓は
カレントディレクトリのKETpic関連ファイルの様子の例(利用環境に合わせる)


・以下を3d-test.texとして保存
(以降の記述は3d-test.tex名で保存した場合の説明になっています)

\documentclass[11pt]{jarticle}
\usepackage{ketpic}
\begin{document}
\input{fig.tex}
\end{document}

・3d-test.texをコンパイルして3d-test.dviを作成する
C:\texwork>platex 3d-test

・3d-test.psの作成
C:\texwork>dvips 3d-test
または
C:\texwork>dvips -D 1200 3d-test.dvi  ←1200は600など必要に応じて変更してください

・3d-test.psの確認と出力
>> 画面表示にはGSviewなどを使う
 
>> cygwinでは以下で3d-test.psをプリンタに出力(unix系でも)
 $ lpr 3d-test.ps

■Scilab版KETpicやketpic.sty などの取得
http://ketpic.com/?page_id=18 からDLします
下図の右端アイコンから


※描画目的によりソフトを使い分けるとよいでしょう.


無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31